ラフライダース
スピードジャンキー

home / candy / history/ photo / movie / link / blog


 



今でもその輝きを放ち続けている切れ味抜群の戦闘機 ”GSX1100S katana”
いまさら僕がどうこう言うまでもなくみなさんご存知のバイクです。
賛否両論、カッケー!と思う人もいればそうでない方もいらっしゃいます。
上の写真はフルノーマル(ファイナルではない)ですが、
この状態だと僕も後者にあたるのかな… と。

僕がバイクに魅力を感じるのはやっぱりそのワイルドなルックスだったり、
操縦性の楽しさだったりします。
フルノーマルのカタナには乗った事がありませんが、評判はあまり良くない?
(曲がらないとか、止まらないとか…)ですね。

僕は実際このカタナの他のバイクにはないデザインは、たまらなく大好きでした。
でもフロント19インチ、チューブタイヤ、ちっこいブレーキなどなど…
「こいつを買ってカッコよくカスタムするには、いったいいくらかかるんだぃ!?」
と、なかなか購入するには至らなかったのが事実です。

そして2年前にこれが生涯最後のバイクだぜぃ!と思い購入したカタナがこいつ ”CANDY ” です。
GSX1100S katana

僕が中免を取ったのが1985年だったし、このバイクも85年式のSEで何か意味深いものも感じました。
ほぼこの状態での購入。画像の角度もあるかもしれませんが、
どこかずんぐりして見えるのはタイヤサイズが前後17インチのためでしょうか?
ホイルベースも若干短くなっているのではないのかな。
僕はメカオンチで乗り専なのであまりよく解りませんが、なにせこのカタナに一目惚れでした。
エンジンはワイセコ74φ、1135cc,ヨシムラST-1 にFCR39φ
初めてこのカタナに乗った時に以前乗っていたYAMAHA R6と
なんら違和感が無く加速したのが印象的でした。

カタナは立ちが強いバイクと聞いていたので倒立Fフォークも賛否両論ですが
僕はこの感じが大好きでちゃんと曲がります(笑
サーキットでは多々問題がありそうですが、峠ではぜんぜんヤル気になっちゃいます(笑
この感覚は昔乗っていたCBX400Fとどこか似た感じを思い出しましたね。

電装系のトラブルで最初の1年間はほぼその辺りのマイナーチューンで過ぎちゃいましたw
誰かさんと同じようにかなり押し掛けもやりました(爆!
僕のカタナライフはまだまだ始まったばかりなので、これからどうなっていくのか楽しみです。



2009.5 ヒデ(e.t.c first rough riders)



                 Copyright(C) e.t.c first rough riders All rights reserved